スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニ強盗未遂で男子高校生ら2人逮捕 大阪(産経新聞)

 大阪市東住吉区のコンビニエンスストアから現金を奪おうとしたとして、東住吉署は27日、強盗未遂の疑いで、同区照ケ丘矢田、無職、安井優作容疑者(21)と、同区内の府立高校3年の男子生徒(18)を逮捕した。同署によると、2人は「遊ぶ金が欲しかった」「借金があった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、27日午前4時半ごろ、東住吉区湯里の「セブンイレブン大阪湯里5丁目店」で、アルバイトの男性店員(35)に包丁を突きつけ「札束と500円を入れろ。でないと刺し殺す」と書かれた紙を見せて脅迫。店員が警備会社に通報して事務所に逃げ込んだため、何も奪わずに逃走した、としている。

 店の前に自転車2台が残されており、署員が防犯登録の住所を調べたところ、男子生徒の自宅にいた2人を発見して逮捕した。

【関連記事】
「プチぼったくり」横行 被害者男性が語る衝撃手口
遊ぶ金欲しさから強盗殺人…初主演→即引退の異色俳優とは
入れ墨彫り師宅で強盗ビックリ逮捕 女性施術中、一喝され
強姦、傷害、食中毒…ペッパーランチ社長のブログ大炎上
特盛りもタダ食い…牛刀で牛丼店員脅し「金を出せ」

R-1ぐらんぷり あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)
架空債権36億円詐取容疑、消費者金融元社長ら逮捕 流動化取引悪用で初立件(産経新聞)
沖縄で震度5弱(時事通信)
<地デジ>受信障害の対応率まだ25% 目標達成難しく(毎日新聞)
リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)
スポンサーサイト

<若田宇宙飛行士>ISS運用ブランチチーフに 日本人で初(毎日新聞)

 宇宙飛行士の若田光一さん(46)が、米航空宇宙局(NASA)宇宙飛行士室に12人いるブランチチーフの1人になることが決まった。日本人の就任は初めて。24日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。

 就任は3月1日付で、任期は約1年となる。同室には、各国の飛行士百数十人が所属。12のブランチに分かれて業務にあたっている。

 若田さんが就任したのは約30人所属と最大規模の「国際宇宙ステーション(ISS)運用ブランチ」チーフ。ISS運用中は同室の中核と言えるブランチで、チーフは訓練計画の立案や同僚飛行士の評価、各国間の訓練会議への出席などの任務を負う。

【関連ニュース】
ここでMyBest・世界めぐる元球児たち:センバツ/1 宇宙飛行士・若田光一さん
若田さん:「きぼう」での実験公開 紙飛行機や縄跳びなど
若田さんが「おもしろ宇宙実験」
オンリーワンロード:埼玉ひと物語 宇宙飛行士・若田光一さん/4止 /埼玉
オンリーワンロード:埼玉ひと物語 宇宙飛行士・若田光一さん/3 /埼玉

女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕-警視庁(時事通信)
釧路市役所、パソコンソフト18本を違法使用(読売新聞)
江戸川の小1死亡 虐待、2年以上前から 背中に複数の焼き印(産経新聞)
新型フル検出する研究用試薬を発売―アルフレッサファーマ(医療介護CBニュース)
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ(産経新聞)

元和歌山市長、旅田被告の実刑確定へ 獄中からトップ当選も(産経新聞)

 和歌山市が観光振興名目で実施した事業をめぐり、収賄と背任の罪に問われた元市長で市議の旅田卓宗(たくそう)被告(64)の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は、旅田被告側の上告を棄却する決定をした。懲役4年、追徴金300万円とした1、2審判決が確定する。決定は22日付。

 確定すれば、旅田被告は地方自治法の規定で失職し、公職選挙法の規定で、確定日から刑期が終わるまでの間と、その後10年間は被選挙権もなくなる。

 1、2審判決などによると、旅田被告は市長だった平成12年、元料理旅館の跡地の市への転売で利ざやを得た元社長から現金300万円のわいろを受領。同年、料亭を月140万円で借り上げる契約を結び、愛人だった元若女将らに賃料など計4900万円を支払い、市に損害を与えた。

 旅田被告は15年の市議選で獄中から出馬しトップ当選。18年の市長選には落選したものの、19年の市議選で再び当選していた。

【関連記事】
和歌山市の訴え認める 前和歌山市長と共謀の元若女将らに賠償命令
県町村会めぐる贈収賄で元福岡県副知事ら3人を起訴 福岡地検
元入管職員、収賄認める
“小沢LOVE”で一線越えた? “腰巾着”がアレ宣言
【News解説】在任10年…よどんだ水は腐る

<厚労省>研修医高給に歯止め 年720万円以上補助金減額(毎日新聞)
<クルーズ船>世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)
木嶋容疑者、殺人罪できょう起訴 状況証拠重ね立証可能 埼玉不審死(産経新聞)
五輪フィギュア チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)
<五輪アイスホッケー>米が2連勝 女子は準決勝へ(毎日新聞)

<殺人未遂容疑>「介護に疲れ」母を 48歳逮捕(毎日新聞)

 20日午後1時10分ごろ、東京都江戸川区西篠崎1、都立病院事務職員、石田善仁容疑者(48)から「自宅で母を殺した」と110番があった。駆け付けた警視庁小岩署員が1階居間の布団の上で倒れている母のセツ子さん(72)を見つけた。石田容疑者が首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。セツ子さんは病院に運ばれたが死亡し、同署は殺人容疑に切り替え調べる。石田容疑者は「介護に疲れた」と供述しているという。

 逮捕容疑は、同日午後0時半ごろ、居間でセツ子さんの首をネクタイで絞めて殺害しようとしたとしている。石田容疑者は長男でセツ子さんと2人暮らしで、05年からうつ病で通院し、現在は自宅療養。【山本太一】

放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)
小林多喜二祭 命日に120人、墓前に花 北海道・小樽(毎日新聞)
薬局駐車場、5、6人はねる=女性運転の乗用車-広島・福山市(時事通信)
わいせつ画像収集の元教師 「行為」で再逮捕へ(産経新聞)
<乱気流>成田行きユナイテッド機が遭遇…けが人多数か(毎日新聞)

「お家芸復活、素晴らしい」=メダル獲得で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は16日夕、バンクーバー冬季五輪スピードスケート男子500メートルで長島圭一郎選手が銀メダル、加藤条治選手が銅メダルを獲得したことについて、首相官邸で記者団に「日本のお家芸復活で、素晴らしい。やはりメダルを取ってくれると、日本人のみんなが気分が高揚する」と述べた。
 首相は「これからもまだ(競技が)いろいろあるから、選手の皆さんに大いに期待している」と強調。「注目している競技は」との問い掛けには、「やっぱりフィギュア(スケート)は関心あります」と語った。
 平野博文官房長官は記者会見で「大変喜ばしい。心から祝福を申し上げたい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
パレスチナ支援で日本と協力=能力開発分野中心に
支持率下落、政治とカネ影響=「民主らしさ」で回復期す

<自殺か>名古屋港で軽乗用車が海へ 車内の男性会社員死亡(毎日新聞)
見過ごされてきた科学研究の「無駄遣い」 有効活用の方策は…(産経新聞)
ボンバル機の部品交換怠る…全日空発表(読売新聞)
トーゴ、反捕鯨団体の船籍はく奪=公海上での臨検容易に(時事通信)
<訃報>黒木三郎さん88歳=早稲田大名誉教授、法学専攻(毎日新聞)

強い用心棒? 前田氏が小沢氏と面会(産経新聞)

 今夏の参院選比例代表に民主党公認で立候補予定の元総合格闘家、前田日明(あきら)氏(51)は17日、国会内で同党の小沢一郎幹事長と面会し、「がんばってくれ」と激励を受けた。

 前田氏は面会後、記者団に対し、「まだ議員バッジをつける前なんで大きなことは言えないんですけれど」と前置きしつつ、「小沢幹事長についていろんなことを言う人がいる。(民主党の体制が)大政翼賛会だなんてかわいそうですよ」と強調。さらに「自分もそうだけれど、小沢氏はイメージだけが一人歩きしている。筋を通したら胸襟を開いてくれる人だと思う」と、用心棒を思わせる風貌(ふうぼう)で小沢氏を擁護していた。

【関連記事】
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇
元格闘家の前田日明氏、民主から参院選に出馬へ
小沢氏、政策立案機関設置に難色示す
「小沢氏は国民に説明することで責任を果たす」鳩山首相
民主党に自浄作用なし!?石川シッポ切りの次は裏金疑惑

<五輪スピード>「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)
焼き鳥店の開店準備、図書館のテーブル運び出す(読売新聞)
<竹島問題>米国の防衛義務生じず 政府、答弁書で(毎日新聞)
破綻直前、歴代防衛相招く=自衛隊紹介番組を計画-トランス社実態を解明へ・警視庁(時事通信)
拉致解決 総連幹部に直談判 衆院特別委員長「打開図りたい」(産経新聞)

トーゴ、SS船籍剥奪(産経新聞)

 岡田克也外相は19日の記者会見で、南極海で日本の調査捕鯨船に妨害行為を行った環境保護を標榜(ひょうぼう)する団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船、ボブ・バーカー号について、旗国であるトーゴ政府が船籍を剥奪(はくだつ)したことを明らかにした。日本政府がトーゴ政府にしかるべき措置を取るよう要請していたもので、これにより旗国の同意手続きなしに同船を公海上で臨検することが可能となる。

 岡田氏は、SSの母船、スティーブ・アーウィン号についても船籍剥奪に向け、船籍国のオランダ政府が法改正を進めていると説明した。

 また、岡田氏は在京ニュージーランド大使館の領事が18日夜に外務省を訪れ、日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入し、同船に拘束されたSSメンバーと電話で話したことを明らかにした。メンバーは個室を与えられ、健康状態も良好で、同船に乗ったまま日本に移送されることを望んでいるという。

がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)
不整脈の寛仁親王殿下がご退院 佐々木研究所付属杏雲堂病院から 宮内庁(産経新聞)
日本ケミコン、36億円申告漏れ 中国子会社への輸送費負担、寄付金認定(産経新聞)
なにわで「在阪華僑春節祭」 (産経新聞)
<お別れの会>立松和平さん=3月27日、東京の青山葬儀所(毎日新聞)

<石川衆院議員離党>民主支部は今後も支援 北海道(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金収支報告書の虚偽記載事件で、起訴された同党衆院議員の石川知裕被告は11日、離党を正式表明した。ただ、石川議員は「不正な金銭を受領したことは一切ない」としており、地元の民主党北海道第11区総支部は同日、今後も支援する方針を確認した。一方で自民党道連からは「離党だけでは済まない」と批判の声が上がった。

 石川議員は同日午前9時ごろ、自身が代表を務める11区総支部の代表代行、池本柳次道議に電話で「自分自身で判断し、今日、離党の手続きを取る」と伝えた。総支部はこれを受け、帯広市内で臨時の常任幹事会を開催。終了後に池本道議は「党本部の処分なら、ともに離党して抗議する覚悟だったが、本人が悩んだ末の判断なので尊重したい。地元の総支部として支援を続ける」と表明した。

 民主党道連の佐野法充(のりみち)幹事長は「決断は受け止めないとならない」と話し、議員辞職しないことについては「本人が決めること。『間違った金銭のやりとりはない』と言っているのを信じ、公判を見守りたい」と述べた。

 一方、自民党道連副会長で道11区支部長の清水誠一道議は「収支報告書の記載ミスだけでなく、不明朗な会計が発覚している。離党だけで済む問題でない」と批判した。【堀井恵里子、鈴木勝一、田中裕之】

廃テニスボールでユニーク座布団作製 兵庫の女子大生、森田さん(産経新聞)
旧軍人・軍属の遺骨219柱、韓国に返還へ(読売新聞)
「小沢氏起訴を」 市民団体が検審に申し立て(産経新聞)
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?(医療介護CBニュース)
行政評価機能強化へ機動調査班…総務省方針(読売新聞)

<介護保険>過徴収10億円 東大阪で設定ミス(毎日新聞)

 東大阪市は15日、自営業者などが加入する国民健康保険で、加入者から介護保険料を02年度以降、多めに徴収していた、と発表した。プログラムの設定ミスで、保険料を負担する40~64歳の加入者数を実際より多く計算したため。過徴収は08年度だけで約10億円に上る見込み。市は08年4月にミスに気づいていたが「大きな問題になる認識はなかった」として事実を明らかにしていなかった。

 市の説明によると、ミスがあったシステムは市が独自に制作し、介護保険制度の開始時の00年度に導入。本来は、死亡や転出などで被保険者から除外すべき市民を、設定ミスから対象として計上し続け、02年度から実数との食い違いが生じた。08年度の後期高齢者医療制度に合わせたシステム変更時にミスが見つかり、現在は修正を済ませたという。

 過徴収した介護保険料は40~64歳が納める「介護納付金」。納付金は2年前の被保険者数を基に、社会保険診療報酬支払基金が概算額を算定して市に請求。基金でいったんプールした後、国などの公費負担分と合わせた確定分が介護保険特別会計として市に戻る。【武井澄人】

【関連ニュース】
障害者自立支援給付:新宿区が「65歳以上認めず」の内規
【新刊本】『介護の値段 老後を生き抜くコスト』=結城 康博・著
障害者自立支援給付:65歳以上、新宿区「認めぬ」内規 ALS、篠沢夫妻指摘で撤回
シリーズ介護:スウェーデンからの報告/下 家族支援、自治体ごとに
過大請求:東松山市社協運営の事業所、介護報酬6055万円 /埼玉

府中で女性変死、夫とみられる男性は飛び降り(産経新聞)
人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査(産経新聞)
死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減-「大したことない」と逃走増加・警察庁(時事通信)
薬物密売グループの指示役を逮捕 西武線沿線で販売(産経新聞)
骨折して感じた疑問、図書館で調べ優秀賞 府中市立第2小学校2年・柿木孝介君(産経新聞)

<訃報>浅倉久志さん79歳=翻訳家(毎日新聞)

 浅倉久志さん79歳(あさくら・ひさし<本名・大谷善次=おおたに・ぜんじ>翻訳家)14日、心不全のため死去。葬儀は親族で行う。喪主は妻宣子(のぶこ)さん。

 カート・ボネガットの「タイタンの妖女」など、SF作品の翻訳で知られた。

シー・シェパード、十分に事情聞く…官房長官(読売新聞)
スクーター4700台リコール=スズキ(時事通信)
与謝野氏、偽装献金事件で激しい応酬「実はあなたの犯罪だ」(産経新聞)
横手かまくら、「すそ広」スタイルも再現(読売新聞)
大阪・梅田で停電、エレベーターの客ら一時閉じこめ(読売新聞)

<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)

 11日午後8時半ごろ、栃木県大田原市寒井の国道294号で、同市末広3、会社員、川上正人容疑者(21)運転の乗用車と、対向の同県那須町寺子乙、小学校教諭、守屋直美さん(45)運転の乗用車が正面衝突した。守屋さんの車に同乗していた妻美由紀さん(47)と、小学3年の次男慧(けい)君(9)が胸などを強く打ち死亡。守屋さんと小学6年の長男(12)も軽傷を負った。

 県警大田原署は川上容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕、同致死容疑に切り替えて調べている。現場は片側1車線の緩やかなカーブで、積雪が約3センチあり、路面はシャーベット状だったという。【中村藍】

【関連ニュース】
交通事故:テレビ朝日の富川アナ、バイクに追突
交通事故:原付きバイクと乗用車衝突 中学生3人重傷
衝突:婚約の2人死亡1人重体1人軽傷 秋田の実家帰省中
クレーン車:バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑

都内で今年初のスギ花粉(産経新聞)
【町工場から五輪へ】(2)モーグル・上村選手の靴 運命の出会い…10年一途(産経新聞)
法曹関係装い現金詐取 兵庫県警など 容疑で6人逮捕(産経新聞)
記者会見の開放状況を調査へ=原口総務相(時事通信)
<異物混入>1月以降連続5件 埼玉のスーパー「マルエツ」(毎日新聞)

石川議員、民主離党へ…近く小沢氏と会談し判断(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で起訴された民主党の石川知裕衆院議員(北海道11区)は10日、離党する意向を固めた。近く小沢氏と会談して最終判断する。

 民主党筋によると、石川被告は9日夜、民主党幹部に電話で離党する考えを伝えた。小沢氏に近い民主党議員は10日朝、「世論の反応は厳しい。石川氏は自発的に離党を申し出るだろう」と語った。

 石川被告は9日に地元の北海道帯広市で記者会見した際は、議員辞職や離党に否定的な考えを示していた。しかし、仙谷国家戦略相が9日の記者会見で公然と離党を促すなど、党内では石川被告の自発的離党を求める厳しい声が強まった。連立を組む社民党には、議員辞職に値するとの意見もあり、離党しない場合、与党の結束がゆらぎかねない事態になっていた。

 こうした事情を踏まえ、石川被告は事件をめぐる政治的、道義的責任を取る形で離党せざるを得ないと判断したと見られる。

 自民、公明、みんなの党の3党は石川被告に対する議員辞職勧告決議案を衆院に提出している。民主党は、衆院本会議での採決を拒んでいる。与野党は10日昼の衆院議院運営委員会理事会で決議案の取り扱いを協議したが、結論は出なかった。民主党執行部は石川被告が離党した場合、この問題に一定の区切りを付けたい考えだが、先行きは不透明だ。

 小沢氏の政治的、道義的な責任問題が改めて焦点となる可能性がある。

 石川被告は10日午前、保釈後初めて衆院に登院した。

都立高一般入試 平均倍率は1.53倍 2日目(産経新聞)
レール横に水銀灯カバー落下 地下鉄御堂筋線・西中島南方-中津間(産経新聞)
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
<石川知裕議員>近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える(毎日新聞)
<ニュース1週間>朝青龍が暴行問題で引退/小沢氏不起訴、石川議員ら3人は起訴(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。